【ウマ娘】YouTubeに動画を投稿→「著作権侵害の申し立て」が来た→対処方法

ウマ娘:ゲームプレイブログ

ゲーム『ウマ娘』のゲーム内映像や音楽などを使用した動画をアップロードしたところ、「著作権侵害の申し立て」を受けてしまいました。

今回の記事は、私と同じように「著作権侵害の申し立て」受け、それの対処方法に困っている人に向けて書いていこうと思います。

 

YouTubeに『ウマ娘』の動画を投稿したり、ゲーム実況をライブ配信した直後に、「著作権侵害の申し立て」が来ても慌てないでください。

※当記事は2021年8月4日に書き始め、同年9月8日に書き終え、即日公開しました。

 

Cygames(以下、サイゲームス)が配信しているゲーム『ウマ娘プリティーダービー』

サイゲームスは「配信ガイドラインを守って動画を作成し、適切な動画共有サイトに投稿した場合、著作権を行使しない」と明言しています。

しかし、公式サイトに掲載されている「配信ガイドライン」を守って作成した動画をYouTubeに投稿したところ、「著作権侵害の申し立て」を受けてしまいました。

 

2つの会社から「著作権侵害の申し立て」を受け取りました…

1度目の「著作権侵害の申し立て」は、株式会社Lantis(以下、ランティス)から…

アニメファンの間では有名な音楽出版社です。

この申し立ては2021年2月25日に投稿した動画に対してのものでした。動画を投稿した2、3日後に申し立てを受けました。

YouTubeから「あなたが投稿したこの動画では広告が流れます。その広告の収益は著作権者に支払われます」という趣旨の説明があったので、「あのランティスからの申し立てで、動画で流れる広告の収益がランティスに行くのなら、黙ってそれを受け入れよう」と考え、行動を起こすつもりはありませんでした。

そもそも私のチャンネルは、広告収入を貰える条件を満たしていないので、広告や収益に関しては関心はありませんでした。

 

2度目の「著作権侵害の申し立て」は、株式会社NexTone(以下、ネクストーン)から…

2020年8月1日に投稿した動画に対してのものでした。動画を投稿した2日後に申し立てを受けました。

この会社は知らなかったので、ネットで検索することにしました。

調べていくうちに、ネクストーンは“著作権管理団体”ということが分かってきました。

 

Cygamesは「配信ガイドラインを遵守すれば著作権を行使しない」と明言

音楽出版社と著作権管理団体から「著作権侵害の申し立て」を起こされている……

しかし、『ウマ娘』に関する様々な権利を保有しているサイゲームスが、「配信ガイドラインを遵守すれば、著作権を行使しない」と明言しています。

 

ランティスから「著作権侵害の申し立て」を受けた際は沈黙することにしましたが、ネクストーンからも同様の申し立てを受けたことによって、ある疑問が浮かび上がってきました。

「何でこの2本の動画だけ『著作権侵害の申し立て』を受けているのだろう」

そう、ゲーム『ウマ娘』の映像や音楽を使った動画を他にも投稿していたり、ゲーム実況としてライブ配信を行っている動画もあるのです。

それなのに「著作権侵害の申し立て」を受けたのは、この2つの動画だけ……

 

著作権理者の大元であるサイゲームスが「著作権を行使しない」と明言しているのに……、今後も「著作権侵害の申し立て」を受けるかもしれない。その時どうすればいいのか?

悩みましたが、2つの会社から「著作権侵害の申し立て」を受けてしまったので、身の潔白を証明しようと決意し、行動することにしました。

 

「著作権侵害の申し立て」に対する「異議申し立て」方法

この段落では、「著作権侵害の申し立て」に対する「異議申し立て」の手順を紹介していきたいと思います。

◆「著作権侵害申し立て」に対する「異議申し立て」に正当性があるのであれば、チェックボックスをオンにして≪次へ≫を選択する。

 

◆「著作権侵害の申し立て」を受けている動画内で、その著作物に対してどのような権利や承諾があるか選択し、≪次へ≫を選択する。

今回は、著作権権利者であるサイゲームスが公表しているガイドラインを遵守した動画を作っており、そういった動画はサイゲームスから利用許諾を得たことになるので、≪ライセンス≫を選択してください。

 

◆≪ライセンス情報≫を入力し、3つのチェックボックスをオンにする。

≪ライセンス情報≫について、今回は以下のような、『ウマ娘配信ガイドライン』の抜粋文を送りました。

【送付した文章】

私が『ウマ娘プリティーダービー』を利用した≪動画投稿orゲーム実況のライブ配信≫は、YouTube内で行ったものであり、実況音声やコメントを追加するなどの創作性を加えています。

『ウマ娘プリティーダービー』の著作権利を持つ株式会社Cygamesは、そういった動画やライブ配信に関して、「著作権を行使しない」と明言していますので、「著作権侵害の申し立て」の撤回をご検討ください。

使用許可の根拠は以下の“配信ガイドライン”を基にしています。

「ウマ娘プリティーダービー」をプレイする際の配信ガイドライン
https://umamusume.jp/streaming_guidelines/
(2021年8月4日から変更なし)

【配信ガイドラインの一部抜粋】
株式会社Cygames(以下、当社)は、「ウマ娘 プリティーダービー」(以下、本コンテンツ)において、お客様同士がその体験を共有する手段として、本コンテンツのゲームプレイを配信することに対し、ガイドラインを定めます。
また、当社は、以下のガイドラインをお守りいただく限り、個人・法人、営利・非営利を問わず著作権を行使いたしません。

1・お客様は本コンテンツから取り込んだゲームプレイの動画や静止画を、共有サイトに投稿することができます。
また、次に指定した収益化プログラムシステムによるものに限り、収益化が可能です。
なお、利用可能な収益化プログラムシステムの指定は随時更新されます。
利用可能な収益化プログラムシステム一覧
YouTube:YouTubeパートナープログラム

(中略)

2分30秒以下の短い動画を除き、投稿される動画や静止画には、実況音声やコメントを追加するなど、お客様の創作性を求めます。取り込んだ動画をそのまま投稿したものや、他者が投稿した動画の転載、イラストやムービー、音楽などの鑑賞を主目的としたものなどは対象外といたします。

(中略)

本ガイドラインは、日本国内のみを対象といたします。

(中略)

当社が投稿・配信を禁止としている以下のプラットフォームは本ガイドラインの対象外となります。
→Mildom

(中略)

当ガイドラインの内容は随時変更、更新されます。投稿前に最新のガイドラインをご確認ください。
【配信ガイドラインの抜粋掲載終了】

【以上】

 

◆最後は≪署名欄≫に自分の本名を入力して、≪送信≫を選択する。

これにて「著作権侵害申し立て」に対する「異議申し立て」が完了となります。

 

「著作権侵害の申し立て」に対する「異議申し立て」の結果

「著作権侵害申し立て」に対する「異議申し立て」を行ってから約1週間。

ランティスから「『著作権侵害の申し立て』を撤回する』という結論に至った」という回答をいただきました。

 

「著作権侵害申し立て」に対する「異議申し立て」を行ってから22日後に、ネクストーンからも「『著作権侵害の申し立て』を撤回する』という結論に至った」という回答を得ることができました。

 

その後も「著作権侵害の申し立て」が来たけれども…

この2件を解決した後、もう一度「著作権侵害の申し立て」が来ましたが、それに対して同様の「異議申し立て」を行った結果、「著作権侵害の申し立て」が撤回されました。

その時は、「異議申し立て」を行ってから4時間で撤回されました。

☆彡

今後も、『ウマ娘プリティーダービー』の著作権絡みで何かあった際は、当ブログや私のYouTubeチャンネルでお知らせします。