スポンサーリンク

【ドラゴンクエストⅩ:踊り子】特徴とスキル、立ち回りと戦い方など

ドラクエⅩ:職業と装備

ドラゴンクエストⅩのバージョン5・2時点での踊り子について情報をまとめました。

※この記事は、加筆修正をしながら、踊り子の特徴、戦い方をまとめていきたいと思います

踊り子が装備できる武器・防具

踊り子が装備できる武器は以下のとおりです。

  • 短剣
  • スティック

基本的に、踊り子は盾を装備することはできません。

踊り子の装備の特徴としては、二刀流ができることと、装備できる防具の幅が広い点があげられます。

二刀流ができる

踊り子の特徴は、両手に武器を持つ二刀流ができることです。

左手での攻撃は、右手での攻撃より弱くなりますが、追加攻撃が発生するようになります。

「右手に短剣、左手に扇」というように装備することもでき、同じ種類の武器を両手に装備する必要はありません。

左手に武器を装備しても、その武器が持つ攻撃魔力や回復魔力はそのまま反映されますので、ご安心ください。

 

装備できる防具の幅が広い

踊り子は、装備できる防具の幅が広いです。

一例として、レベル99以上の装備品である「ポールスターの衣装セット」と「族長の衣装セット」ができます。

さらに、現在最高ランク(レベル105)の装備である「ヴィーラの衣装セット」と「ガナドール衣装セット」も装備できるのです。

他の職業であれば、装備対応レベルにつき1つの装備品(セット)しか選べません。

「ポールスターの衣装」と「ヴィーラの衣装」は、攻撃魔力や回復魔力を高める効果が基礎効果で付いています。

また、「族長の衣装」や「ガナドールの衣装」は、魔力アップの基礎効果は付いていませんが、物理攻撃に向いたセット効果が付与されます。

戦い方に合わせて防具を選ぶことができます。

スポンサーリンク

踊り子の職業スキル

踊り子の職業スキルは2つあります。
一つは「うた」。もう一つは「おどり」です。

バージョン5・2時点で実装されている職業は19ありますが、2つの職業スキルを持つのは踊り子だけです。

踊り子の職業スキル「うた」

◆踊り子の職業スキル「うた」

会心まいしんラップ…約40秒、会心・暴走率が上がる
祈りのゴスペル…味方の回復呪文を2段階強化
覚醒のアリア…味方の攻撃呪文を2段階強化

◆職業スキル「うた」
・110P~150P

踊り子の職業スキル「うた」の特徴は、味方を補助するスキルが多いのが特徴です。

 

踊り子の職業スキル「おどり」

◆踊り子の職業スキル「おどり

◆職業スキル「おどり」
・110P~150P

味方の補助をするスキルが多かった「うた」に対して、「おどり」は敵を弱体化する特技が多いのが特徴です。

 

160ポイント以上で獲得できるスキル

160以上の職業スキルも、「うた」「おどり」それぞれに対して実装されており、下の図の上段は「うた」で、下段は「おどり」の専用スキル(一部抜粋)です。

特技「神速のシャンソン」と呪文「ギラグレイド」に関しては特段の説明は必要が無いと思います。

気になるのは「おどりのポイント獲得」と「うたのポイント獲得」ですね。
使い方は以下のとおりです。

  1. 160~200のスキル枠に「○○のポイント獲得」をセットする
  2. スキル振り分けに「○○▲▲Pにする」というスキルが反映される
  3. 「○○▲▲Pにする」にスキルポイントを割り振る
  4. 「○○」のスキルポイントが▲▲Pになる

*160~200の枠のうち、どこにセットするかによって、スキル獲得に必要なポイントと、効果が異なります。

「おどりポイント獲得」を190Pの枠にセットし、「うた」の職業スキルに190P振り分けたら、同時に190Pまでの「おどり」の職業スキルを会得していました。

これにより、踊り子のスキルポイント不足問題は、かなり解消されたのではないかと思います。

現在セット中のスキル。左は「うた」右は「おどり」
スポンサーリンク

バトルでの踊り子の立ち回り、戦い方

味方の能力を強化して、敵の能力を弱体化させながら戦うのが、踊り子の立ち回りだといえます。

職業スキル「うた」で味方の能力を強化、「おどり」で敵を弱体化させつつ、自分も攻撃に参加するという形をとると良いと思います。

完全な補助役

攻撃に参加せず、味方の補助役になるというのであれば、スティックを装備して、魔力が上がる装備品を装備するのが理想的です。
ただし、盾に関するスキルを所有していないので、自己防衛に関しては辛いものがあります。

 

状態異常を狙った中衛職

さきほどの「完全な補助役」では、攻撃を捨てていましたが「状態異常を狙った中衛職」では、攻撃に参加します。

武器は短剣で、物理攻撃に向いた防具を装備することをおすすめします。

敵を、毒や眠りなどの状態異常にし、それに乗じて攻撃を加える戦い方になります。

「ヴァイパーファング」で毒状態にしてからの「タナトスハント」で攻撃するのが一例です。
タナトスハントは、毒やマヒ状態の敵に威力を発揮する特技です。
この時、職業スキル「うた」の「もうどくブルース」を使っておくと、さらに良いと思います。

武器が短剣なので、範囲攻撃はできませんが、状態異常にあった敵に対しては高ダメージを期待できます。

敵が状態異常になるかどうか調べてから戦うことを忘れずに行ってください。

 

中衛職だけどガンガン攻撃する

状態異常が見込めない敵、状態異常が入るか調べるのが面倒という方に、この戦い方をおすすめします。

武器は扇で、物理攻撃に向いた防具を装備します。

戦闘開始直後に、扇スキルの「風斬りの舞」をして、攻撃力を2段階上げてから攻撃に参加します。

「会心まいしんラップ」をして、会心の一撃を狙うと良いと思います。

☆彡