スポンサーリンク

【任天堂】任天堂のゲーム実況動画、投稿に対する新たなガイドラインについて

ゲームのおはなし

はい、どーも。
りゅうポケットです。

今年2018年11月29日に、任天堂株式会社は、ゲーム実況プレイ動画や、スクリーンショットなどの静止画の利用についての新たなガイドラインを発表しました。

結論から申し上げますと、任天堂のゲームの動画や静止画を利用した動画や作品の投稿する際の条件が緩和され、投稿しやすくなりました。

*以下、任天堂のゲームの動画や静止画については、「任天堂のゲーム著作物」と表記します。

『Nintendo Creators Program』

今までは、YouTubeなどの動画共有サイトに、任天堂のゲーム著作物を利用した動画を投稿するためには、『Nintendo Creators Program』に申し込み、審査を受ける必要がありました。

そして、収益がある場合、投稿者には広告収入の60~70%が支払われる仕組みになっていました。

しかし、今回の新たなガイドラインが適用されることとなり、この『Nintendo Creators Program』は2018年12月末でサービス終了となります。

任天堂のゲーム著作物に関する新たなガイドライン

11月29日に発表された新たなガイドラインでは、任天堂のゲーム著作物を利用して作ったゲーム実況プレイ動画などを、動画共有サイトに投稿しても著作権侵害を主張しないとのことです。

◆個人が営利を目的としない場合に限り、任天堂のゲーム著作物を利用した作品を適切なサイトに投稿できます。
なお、サイトが提供している収益化プログラムを利用して、広告収入を得ることは問題ありません。

*適切なサイトの例
・YouTube
・Twitter
・ニコニコ動画

◆利用してよい任天堂のゲーム著作物は、正式な発売日を迎えたもの、またはサービス開始日を迎えたものに限られます。
発売前、サービス前のものであっても、任天堂株式会社が公開したものについては利用しても問題ないようです。

◆投稿内容に、任天堂のゲーム著作物以外の第三者の著作物が含まれている場合、その第三者から許諾を得る必要があります。

◆ニンテンドースイッチのキャプチャーボタン機能を利用する場合を除き、任天堂のゲーム著作物を利用する場合には、ユーザーや投稿者の創作性やコメントを入れるようにしてください。
ムービーシーン、イラスト集などをコピーしただけの投稿は認められません。

◆任天堂や任天堂の関係者から協賛や提携を受けていないのに、作品閲覧者に協賛や提携を受けているようなイメージを持たせるような作品を投稿してはいけません。

◆任天堂は、違法な投稿、一般的に認められない投稿、ガイドラインに従わない投稿に対して、法的措置をとる権利を保持しています。

上記のガイドラインが適用されるのは、ゲームのプレイ動画やゲームのスクリーンショットに適用され、手描きイラストのような二次創作には適用されないようです。

任天堂のゲームキャラクターなどを利用した二次創作については、各国の法令で認められる範囲で行う必要があるのでご注意ください。

おわりに:任天堂のゲーム著作物解禁元年

ゲーム実況プレイ動画というのは、著作権法で考えると、黒に近いグレーゾーンでの活動なのですが、任天堂が発表した新たなガイドラインにより、白に近くなりました。

自社のゲーム動画などの権利に対して、厳しい姿勢をとっていた任天堂株式会社ですが、今回の決断は、時代の流れを読んだ素晴らしい決断だったと思います。

今まで任天堂のゲームの動画投稿は避けていましたが、これを機にやってみたい、と思うようになりました。