スポンサーリンク

モンスターハンター:ワールド、超大型拡張コンテンツ『アイスボーン』について

ゲームのおはなし

はい、どーも。
りゅうポケットです。

『モンスターハンター:ワールド』(以下、モンハン:ワールド)の超大型拡張コンテンツ『アイスボーン』の予約が開始されました。

今回は、モンハン:ワールドの超大型拡張コンテンツ『アイスボーン』についてモンハン:ワールド公式が発表している情報をまとめていきたいと思います。

モンハン:ワールドと超大型拡張コンテンツ『アイスボーン』

モンハン:ワールドは2018年1月26日に発売されたハンティングアクションゲームで、PlayStation4またはPC(STEAM)でプレイすることができます。

今回発売される超大型拡張コンテンツ『アイスボーン』は、2019年9月6日に発売予定です。世界同日発売になるとのこと。

『アイスボーン』は超大型拡張コンテンツということで有料なります

ただし、9月6日に発売されるのはPlayStation4版のみで、PC(STEAM)版の発売日の詳細は未定ですが、今冬に発売する予定とのことです。

モンハン:ワールドに『アイスボーン』を追加することで、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』(以下、モンハンワールド:アイスボーン)をプレイすることができるようになります。

『モンハンワールド:アイスボーン』をプレイするには…

モンハン:ワールドをすでに持っている方は、拡張コンテンツ『アイスボーン』をダウンロード購入する必要があります。
パッケージ版の販売予定はありません。

『アイスボーン』の価格は4444円+税となります。

モンハン:ワールドをこれから始める人向けに、モンハン:ワールドとモンハンワールド:アイスボーンがセットになった『モンハンワールド:アイスボーン マスターエディション』が発売されます。

『モンハンワールド:アイスボーン マスターエディション』の価格は6990円+税となります。

モンハンワールド:アイスボーンの舞台

モンハンワールド:アイスボーンのストーリーは、モンハン:ワールドのエンディング後にプレイできるようになるので、さきにモンハン:ワールドをクリアする必要があります。

モンハンワールド:アイスボーンで冒険するフィールドは、雪と氷に包まれた【渡りの凍て地】[わたりのいてち]と呼ばれる極寒の地域のようです。

公開されている紹介動画を見ると、ハンターが雪をかき分けて歩いた痕が道になる、というような雪を意識した映像表現が確認できます。

開発担当者による説明では、「モンハンワールド:アイスボーンで行けるフィールドは徐々に増えていき、最終的には、モンハン:ワールドの中でも一番広いエリアになる予定」とのこと。

新たなランクの登場

モンハン:ワールドには<下位・上位>というランクがありましたが、モンハンワールド:アイスボーンでは<マスター>というランクが登場します。

<マスター><上位>よりも上のランクで、今までの『モンスターハンター』シリーズでいう<G級>のクエストランクとなります。

寒い地域で生き抜くために…

極寒の地域での冒険は寒さとの戦いでもあり、体温維持の為に『ホットドリンク』などのアイテムを使用して、寒さを凌ぐことが必要になってきます。

温泉も登場するようで、『ホットドリンク』と同様、寒さを凌ぐために利用すると効果的なようです。

新規モンスターの追加

新たに登場するモンスターについて、開発担当者の説明をまとめてみました。

★猛牛竜 バフバロ

直進的な動きをするモンスター。
草食のモンスターで、序盤に登場するとのこと。

★凍魚竜 ブラントドス

半身を雪の中に潜りながら、ハンターを攻撃してくる肉食のモンスター。
また、バフバロとの絡みもあり、モンスター同士の争いもあるようです。

★迅竜 ナルガクルガ

素早くトリッキーな攻撃をしてくるモンスター。
ストーリーの中盤に登場する予定とのこと。リオレウスとの絡みがあるようです。

★冰竜 イヴェルカーナ

モンハンワールド:アイスボーンの目玉モンスター。
「古竜なので普通の氷の攻撃みたいなものよりは、ちょっと一癖のある使い方をいろいろしてきますので、古竜ならではの使い方をお楽しみにしてください」とのこと。

おわりに:モンハン:ワールドをプレイしたくなってきた。

今回の記事には書いていませんが、新たなアクションが追加されるという情報もあります。

PlayStation4を購入した直後に購入したモンハン:ワールド。
しかし、『ストリートファイターⅤ・AE』ばかりプレイしていて、モンハン:ワールドは積みゲーになっていました。

追加コンテンツ『アイスボーン』の公開に向けて、モンハン:ワールドをプレイしようかと思っています。

ではでは、
またお会いしましょう。