スポンサーリンク

ガンホーのスマートフォン向けゲームが好きだ!やっぱりパズドラは面白い!

パズル&ドラゴンズ

はい、どーも。
りゅうポケットです。

今回は、スマートフォン向けゲームアプリ『パズドラ』こと『パズル&ドラゴンズ』のことついて書いていこうと思います。
よろしくお願いします。

スマートフォン向けゲームアプリ『パズル&ドラゴンズ』

『パズル&ドラゴンズ』、通称パズドラ。

パズドラは2012年にスマートフォン向けゲームアプリとしてリリースされ、スマートフォンの普及とともにパズドラのユーザー数も増えていった。

2014年頃にはスマートフォン向けゲームアプリとしての絶対的地位を確立し、スマートフォン向けゲームアプリといえばパズドラ、というような社会現象を巻き起こした。

2019年現在、リリースされてから7年も経過しているため、ゲームに飽きてしまっているユーザーも目立つようになってきた。

パズドラというゲームに飽きたユーザーの中には、「パズドラ」と呼ばずに「オワドラ」と呼ぶ者もいる。

「オワドラ」と呼ぶ者の中には、ゲームとしてのパズドラは好きだが運営が嫌い、というユーザーも存在する。

「終わったコンテンツ」を意味する「オワコン」。オワコンとパズドラを掛けて「オワドラ」。

誰が言い始めたか分からないが、なるほど、と思ってしまうこともある。

しかしながら、流行り廃りが激しいゲーム業界において、7年もゲームサービスを提供し続けていることは凄いことだ。

ときどきではあるが、私は今でもパスドラを楽しくプレイしている。
他のプレイヤーに気を遣う場面が少ないので、外出先でゲームをしたくなった時にちょうど良い。

ガンホー・オンライン・エンターテイメントがリリースした他のゲーム

パズドラの運営会社であるガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー)は、1998年7月に同社は設立され、2005年に上場を果たした。

ガンホーはパズドラ以外にもスマートフォン向けゲームアプリをリリースしてきた。

プレイヤーが主人公の姫となり、家来である兵士を蹴ってフィールドを攻略していくゲームがある。その名も『ケリ姫スイーツ』。

『ケリ姫スイーツ』は現在もゲームサービスを続けているが、次に紹介するゲーム『ディバインゲート』はサービスが終了している。

『ディバインゲート』は自分のモンスターの属性のカードを素早く並べるゲームだった。このゲームはスマートフォンよりもタブレット端末向きのゲームだったと思う。

私は『ディバインゲート』の初期のころの方が好きだった。
バージョンアップしたあとの『ディバインゲート』のユーザインターフェースはイマイチ好きになれなかった。

テレビアニメ化されるも、あまり話題にならなかった。

スマートフォンでパズドラをプレイし、タブレットで『ディバインゲート』をプレイしていた時期があり、今思うと懐かしい。もちろん『ケリ姫スイーツ』もプレイしていた。

私はアニメや漫画が好きなゲーマーである。

今回の記事は、『ストリートファイターⅤ・AE』(以下、ストⅤ・AE)のランクマッチをしながら書いてきました。

ストⅤ・AEは、対戦格闘ゲームと人気のある『ストリートファイター』シリーズの現行タイトルとなります。

「パズドラのこと、ガンホーのゲームのことについて書いているのだから、スマホを操作しながらブログ記事を書いているのだろう」と思っていた読者の方がいれば、予想を裏切ってしまい申し訳ない。

ちなみにパズドラでは、【絶剣・ユウキ】をリーダーにしたパーティをメインで使っております。

ー2019年6月18日午前5時ー
今、ストⅤ・AEを終了し、PlayStation4の電源をオフにしました。

ランクマッチではプレイヤー同士でポイントの奪い合いを行います。そのポイントの奪い合いが精神的に辛い、と感じることもあります。

私の勝利が確定的な時に、相手との通信が切断される場合があります。敗北を悟った相手プレイヤーが、何らかの方法で通信を切るのでしょう…。

連続攻撃のコンボや、「クリティカルアーツ」という超必殺技の途中で相手との通信が切れると、過失や通信の不具合ではなく、故意に通信を切ったのではないか、と相手を疑ってしまいます…。

しかし本日は、故意的に通信が切れたという場面に遭遇しませんでした。そんな場面に遭遇しなかったおかげで、集中力を切らすことなくプレイすることができました。

ー同日午前5時45分ー

寝ます。
少しでも寝ておかないとマズいので…。

今回の記事はこのまま公開しようと思います。
眠気から解放され、冷静になって読み返してみた時に後悔するかもしれませんね。

ではでは、
またお会いしましょう。

やっぱりゲームは面白いです。

おじいさんになってもゲームを楽しめれば良いな~。
健康に気をつけよう。

スポンサーリンク