スポンサーリンク

【ウマ娘】平成10年、秋の天皇賞。サイレンススズカ、沈黙の日曜日。

ウマ娘 プリティーダービー

はい、どーも。
りゅうポケットです。

アニメ『ウマ娘 プリティーダービー』の再放送も終わりました。

平成最後の秋の天皇賞は、レース直前にダンビュライトが出走取り消しになったものの、出走した競走馬たちは無事レースを終えました。

そして、競走馬ファンである私は、毎年11月1日が訪れるたびに、サイレンススズカのことを思い出してしまいます。

平成10年、秋の天皇賞でサイレンススズカを襲った事故

平成30年である今年2018年より20年前の1998年、平成10年11月1日に開催された秋の天皇賞でショッキングな出来事がありました。

サイレンススズカの競走中止と予後不良の処置です。

東京競馬場で開催される秋の天皇賞のレース距離は2000メートル。

サイレンススズカは前半1000メートルを57秒台で走り、最後のコーナーを前にして、左前脚の粉砕骨折により競争を中止しました。

その後、サイレンススズカは回復の見込みがない予後不良と診断され、その生涯を終えました。

サイレンススズカの速さは次元が違った

当時の競走馬なら、2000メートルのレースの前半1000メートルを57秒台で走ることはありえないことでした。しかし、サイレンススズカの速さなら、そのタイムも納得できました。

今回の秋の天皇賞は、昨年の日本ダービー馬であるレイデオロが1分56秒8というタイムで勝利しました。

そして、秋の天皇賞のレコードタイムは2011年にトーセンジョーダンが記録した1分56秒1です。

個人的な考えですが、仮にサイレンススズカが完走していれば、1分55秒から57秒台というタイムになったと思っています。

「20年前の競走馬が、現在の競走馬と同じか、それ以上のタイムで走れたのでは?」ということを考えると、とても興味深いです。サイレンススズカには完走してもらいたかったです。

サイレンススズカは特別な競走馬

「最強の競走馬はどの馬?」という質問に対し、サイレンススズカに騎乗していた武豊さんは「どの競走馬が最強か断言できないけれど、サイレンススズカのような大逃げをして勝てる競走馬は特別ですね」という主旨の発言をした記事を読んだことがあります。

武豊騎手にとって、サイレンススズカは特別な競走馬だったようですね。

平成10年の秋の天皇賞でのサイレンススズカを見て、競馬に絶対はない!ということを実感しました。

本日は、サイレンススズカの命日になります。

20年たった今でも、11月1日になるとサイレンススズカの事を思い出してしまいます。

私にとってもサイレンススズカは特別な競走馬です。

ページを切り替えます。

次のページでは、ウマ娘サイレンススズカを中心に書いていこうと思います。