スポンサーリンク

【PS4】PlayStation4Pro値下げ、買うしかないよね!?

PlayStation・周辺機器

はい、どーも。
りゅうポケットです。

 

PlayStation4(PS4)Proの希望小売価格変更のお知らせがありました。

今回はPS4Proの値下げと、どのPS4を買えば良いのか書いていこうと思います。

*このブログは2018年10月2日に書きました。

PS4Proの価格変更

現在、PS4Proの希望小売価格は4万4980円+税ですが、2018年10月12日より3万9980円+税になると発表されました。5000円の値下げとなります。

上の画像は、プレイステーション公式Twitterのものです。

 

今年3月に限定販売された「グレッシャー・ホワイト」が通常販売ラインナップに加わることも同時に発表されました。

現在PS4Proは、特別モデルを除いて「ジェット・ブラック」しかなかったので、今後は2色から選ぶことができるようになります。

 

価格改定後のPS4シリーズ

PS4(500GB)

希望小売価格2万9980円+税

 

PS4 (1TB) 

希望小売価格3万4980円+税

 

PS4Pro(1TB)

希望小売価格3万9980円+税

PlayStationの公式サイトを見てきたのですが、価格が変わるのはPS4Proだけのようです。

 

PS4とPS4Proならどちらがおすすめ?

ここでは、PS4とPS4Proで比べた時、どちらがおすすめか書いていきたいと思います。

 

結論から申し上げますと、ガチなゲーマーなら、迷わずPS4Pro一択です!

「欲しいデザインがPS4しかない」という人と、「高性能なゲーム機は要らない」と考えている人ならPS4で良いと思いますが、それ以外の人にはPS4Proをおすすめします。

 

値段で比べてみよう

PS4にはHDD容量が500GBものと、その倍の1TBものと2種類があります。

PS4ProにはHDDの容量が1TBしかないので、値段で比べるのなら同じ容量の1TBで比べてみようと思います。

 

PS4…3万4980円+税

PS4Pro…3万9980円+税

その差は5000円!

 

この両機では、今までは1万円の差がありましたが、価格改定により5000円の差に縮まります。

今回の価格改定後の値段を見比べていると、「1TBのPS4を購入するのなら、PS4Proでいいのではないか?」と私なんかは思ってしまいます。

 

性能で比べてみよう

PS4の500GBモデルも、1TBモデルも基本性能は同じです。

PS4Proの基本性能は、PS4の約2.5倍くらい性能が高いです。

 

PS4とPS4Proの性能の違いについては、コンピューターに詳しい方のサイトを見て頂いた方が良いと思います。

 

 

それと、PS4とPS4Proでは大きな違いがあります。

PS4Proの方がUSB入力端子が一つ多いのです。

 

PS4とPS4Proの前面にUSB入力端子が2つあるのですが、PS4Proには背面にも1つUSB入力端子があります。

USB入力端子が多ければ、接続できる周辺機器が多くなりますので、快適にゲームなどを楽しむことができます。

 

大きさと消費電力で比べてみよう

ここではPS4とPS4Proの本体の大きさと消費電力を比べてみました。

 

PS4の大きさと消費電力

〇サイズ(mm)
(幅×高さ×奥行き)
265×39×288

〇消費電力
最大165w

 

PS4Proの大きさと消費電力

〇サイズ(mm)
(幅×高さ×奥行き)
295×55×327

〇消費電力
最大310w

 

PS4の方がコンパクトで、消費電力が少ないようです。

PS4Proに対して、PS4が『PS4Slim』と呼ばれているのが納得できます。

おわりに

価格改定後、特別モデルではないPS4を買うのなら、PS4Proを購入することをおすすめします。

ガチなゲーマーでなくとも、PS4Proを買っておけば、後悔することは少ないと思います。

私はPS4Proを購入、使用して7ヶ月経ちましたが、全く後悔しておりません。

 

個人的には、「もし次世代機のPS5が発表されても、PS4Proは対応しているのではないか?」と思っています。

 

「少しでも性能の良い機械を買っていれば後悔しない」

これは、私が家電・自動車・携帯電話などの機械を購入する際に意識していることです。

参考になれば良いのですが(笑)

ではでは、またお会いしましょう!

スポンサーリンク