スポンサーリンク

2020年の年末商戦期に『PlayStation5』が発売予定とのこと!気になるのは性能、価格、互換性!

PlayStation・周辺機器

りゅうポケット
りゅうポケット
はい、どーも。
りゅうポケットです。
PlayStationの公式ウェブサイトで、
新型PlayStationに関するお知らせがありました。

PlayStationの次世代機。その名は『PlayStation5』

PlayStationの次世代機の名は『PlayStation5(PS5)』

ソニー・インタラクティブエンターテインメント(SIE)のジム・ライアン社長兼CEO名義で発表されました。

『PlayStation4(PS4)』の後継機だから『PS5』なのですね。納得。

しかし、いきなりの発表で驚きました。

 

PlayStationの後継機は6~7年間隔で発売されてきた。

『PlayStation(PS)』は1994年12月3日発売されました。

『PlayStation2(PS2)』は2000年3月4日発売。

『PlayStation(PS3)』は2006年11月11日発売。

そして、現役機である『PS4』は2013年11月15日発売。

さらに2016年には、『PS4Pro』が発売。

こうしてPSシリーズの発売間隔を見ていくと、6年~7年で後継機が発売されていることが分かります。

 

『PS5』は2020年の年末商戦期に発売するとのこと。

2016年に上位機種の『PS4Pro』が発売されましたが、2020年は『PS4』発売から7年となります。

『PS3』と『PS4』が11月に発売されているので、『PS5』も11月に発売されるのでしょうか?

来年の年末が楽しみです。

『PS5』のコントローラー、2つのイノベーション

『PS5』のコントローラーは「ハプティック技術」を採用するとのこと。

ハプティック技術について調べてみました。

ハプティクス、触覚技術とも言うようで、触覚を通じて情報の伝達を行う技術のようです。

ハプティック技術を採用することにより、「これまで以上に多彩な反応を手で感じることができるようになる」と書かれています。

ウィキペディアより引用

ウィキペディアでは『ドリームキャスト』の『ぶるぶるぱっく』が紹介されていました。

 

L2・R2ボタンに「アダプティブトリガー」を導入。

L2・R2ボタンには抵抗力を感じさせる「アダプティブトリガー」を導入するとのこと。

 

ハプティック技術とアダプティブトリガーで没入感を高める。

SIEは、新しいコントローラーで、『PS5』の目指すゴールの一つである「没入感をさらなる高みへ導くこと」を目指すようです。

 

やはり気になる性能、価格、互換性

ファミ通.comの記事を引用させていただきます。

ファミ通.comが『PS5』に関してSIEに取材を行ったとのこと。

性能に関して判明しているのは以下のとおりですが、価格は不明です。

◆コンソールゲーム機本体

・超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
・AMD社製カスタムチップ搭載
・CPU: x86-64-AMD Ryzen “Zen2″, 8 cores/16 threads
・GPU: AMD Radeon™ RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
・3Dオーディオ処理専用ユニット
・ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応
・PlayStation 4タイトルとの互換性実現に向けた設計
・PlayStation VR対応

◆コントローラー

・ハプティック技術搭載
・L2・R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用

◆物理メディア

・Ultra HD Blu-ray
・ゲームディスクとしての容量は100GBに

引用元:https://www.famitsu.com/news/201910/08184762.html

りゅうポケット
りゅうポケット
続報を待ちましょう。
ではでは、
またお会いしましょう。

スポンサーリンク