スポンサーリンク

【PS5】PlayStation5発売。気になるのは映像美やロード時間よりコントローラー

PlayStation・周辺機器

PlayStationのYouTubeチャンネルより画像引用

本日2020年11月12日は、ソニーの新型ゲーム機『PlayStation5(PS5)』の発売日です。

新型のゲーム機発売日となると、店頭では派手なイベントなどが行われることが恒例となっていましたが、今回はコロナ禍ということもあり、多くの店舗では人々の密集を避けるような販売方法を採用しているようです。

抽選販売という販売方法を採用している店舗が多いようです。

新型PlayStation、「PS5」には2つのタイプがある

今回発売された「PS5」について情報をまとめていきたいと思います。

ソニー公式サイトから画像引用

ご存知の方も多いと思いますが、「PS5」には2つのタイプがあります。
一つは『PS5』。
もう一つは『PS5デジタル・エディション』
この2つのタイプが発売されました。

『PS5』と『PS5デジタル・エディション』の価格は以下のとおりです。

  • PS5…4万9980円+税
  • PS5デジタル・エディション…3万9980円+税

『PS5デジタル・エディション』よりも『PS5』の方が1万円ほど高い価格設定になっています。

『PS5』と『PS5デジタル・エディション』の違い

『PS5』にはUltra HD Blu-rayディスクドライブが搭載されていますが、『PS5デジタル・エディション』にはそれが搭載されていません。

ディスクドライブが搭載されている『PS5』では以下のディスクが使用できます。

  • 『PS5』のBlu-rayゲームディスク
  • 『PlayStation4(PS4)』のBlu-rayゲームディスク
  • 4KUltra HD Blu-rayディスク
  • Blu-rayディスク
  • DVD

「PS5」は「PS4」のタイトルにも互換性があり、99%の「PS4」向けのタイトルを「PS5」でプレイできるとのことです。

『PS5』と『PS5デジタル・エディション』の性能は同じ?

PlayStationの公式サイトでは、
「『PS5』と『PS5デジタル・エディション』の間に性能の差は無い」
と発表しています。

「PS4」のゲームディスクを多く所有していて、新機種でもそれらを使用したい場合は『PS5』を購入することをおすすめします。

逆に、PlayStation Storeなどでダウンロード版のタイトルを購入することが多く、Blu-rayやDVDを見ない人は『PS5デジタル・エディション』が合っていると思います。

ディスクドライブ搭載の有無以外に両タイプには差がないので、ゲームのプレイスタイルやライフスタイルに合わせて購入する「PS5」を選択すると良いでしょう。

『PS5』と『PS5デジタル・エディション』のサイズと置き方

『PS5』『PS5デジタル・エディション』の縦置き時のサイズの概算は以下のとおりです。

『PS5』…高さ390mm×幅104mm×奥行260mm

『PS5デジタル・エディション』…高さ390mm×幅92mm×奥行260mm

上の画像を見ても分かる通り、「PS5」はかなり大きいです。

☆彡

『PS5』、『PS5デジタル・エディション』は縦置き、横置き、どちらの置き方にも対応しているとのことで、ライフスタイルに合わせた置き方をすると良いと思います。

ゲーム機は精密機械なので、縦置きにするにしても横置きにするにしても、直射日光が当たる場所、風通しの悪い場所に置くことは避けるべきです。

スポンサーリンク

「PS5」の魅力【画像の美しさと高速ロード】

『PlayStation』が発売されてから26年の歳月が過ぎ、その間「PlayStation」はずっと進化してきました。

『PlayStation2』ではDVDドライブが搭載され、『PlayStation3』ではBlu-rayドライブ搭載され、『PS4』はゲーム画面を録画・配信できるようになり、画質もどんどん向上していきました。

将来的には8Kに対応!?

『PS4Pro』は4Kテレビに対応していますが、『PS4』は4Kテレビに対応していません。

そして「PS5」は8Kディスプレイに対応していますが、今のところ最大4K出力になるようです。

今後のシステムソフトウェアのアップデートにより対応するタイトルで最大8Kの解像度の描画が可能になる、とのことです。

本体の記録媒体は825GBのSSD

「PS4」本体の記録媒体はHDDでしたが、「PS5」本体の記録媒体はSSDになります。しかも「PS5」に搭載されるSSDは、「PS5」専用に設計しているとのこと。

「PS5」に搭載されるSSDのストレージは825GB。

私はパソコンを買い換える時に、HDD搭載タイプからSSD搭載タイプに乗り換えました。

実際にSSD搭載のパソコンを使ってみたら、「もうHDD搭載タイプのパソコンには戻れない」と思うようになりました。

「PS5」のロード時間に慣れたら「PS4には戻れない」という気持ちになるのでしょうね。

「PS5」の魅力【Dual Senseワイヤレスコントローラー】

『Dual Sense(デュアルセンス)ワイヤレスコントローラー』

私が「PS5」に一番期待しているのが、この『デュアルセンスワイヤレスコントローラー』なのです。

従来のPlayStationシリーズのコントローラーには振動機能が搭載されていましたが、この『デュアルセンスワイヤレスコントローラー』には触覚に訴えかける反応がある、という説明が記載されていました。

ゲームの内容に合わせてコントローラーが振動するだけでも面白かったのですが、「触覚に訴えかける反応」というのがとても気になります。

画像の鮮明さやロード時間の比較は、ゲーム攻略サイトやYouTubeでの紹介動画を見れば納得できると思うのですが、コントローラーに関しては触ってみないと分からないので、実機に触るのが楽しみです。

購入する機会があれば購入したい『PS5』

私が『PS4Pro』を購入してから2年6ヶ月以上が過ぎ、その間、色々なゲームを楽しんできました。

ゲーマーである私としては、すぐにでも『PS5』を購入したいのですが、今使っている『PS4Pro』がバリバリの現役なうえに、『PS5』の入手が難しそうなので、しばらくは様子見したいと思っています。

購入するのなら、ディスクドライブ搭載の『PS5』を購入したいと思います。

発売日に購入できた方が羨ましい。