スポンサーリンク

【PS4】PlayStation4、縦置きにするか?横置きにするか?

2018-10-05PlayStation・周辺機器

はい、どーも。
りゅうポケットです。

PlayStation4(PS4)の置き方について、迷っている方もいるのではないでしょうか?

今回は、PS4の縦置きと、横置きについて考えていきたいと思います。

*縦置きにした場合と、横置きにした場合の排熱処理関係は現在調べているところなので、排熱関係については除外しています。

PS4、縦置きのメリットとデメリット

PS4を縦置きにした場合のメリットとデメリットを考えていきたいと思います。

*縦置きの参考画像

専用の縦置きスタンドを使用して、PS2を縦置きにしてみました。

 

縦置きのメリット

◆狭い場所でも置くことができる。

◆PS4の存在感を実感できる。

 

PS4を置きたいと思う場所の上に何もなければ、幅の狭い場所であってもPS4を置くことができます。

そして、横置きにしておくと、BD/DVDレコーダーのように見えますが、縦置きにするとデスクトップパソコンの本体のような存在感があり、PS4の存在を実感できます。

縦置きのデメリット

◆縦置きスタンドを別途準備する必要があるうえ、PS4が倒れるリスクを否定できない。

◆ディスクの出し入れの際、落としたりすることがある。

 

PS4を縦置きする場合のデメリットは、なんと言っても「PS4本体が倒れるリスクがある」ということだと思います。

PS4を縦置きで使用する場合、PS4の縦置きスタンドの使用が推奨されているようです。

しかし、なにかの拍子で倒れる可能性があるということは否定できません。

それと、PS4ソフトやBD/DVDなどのディスクを出し入れする際、落としたりすることがあります。

*私はPS2を縦置きで使用していたので、この点に関しては実体験です*

PS4、横置きのメリットとデメリット

次に、PS4を横置きにした場合のメリットとデメリットを考えていきたいと思います。

*横置きの参考画像

横置きのメリット

◆安定感があり、PS4本体が倒れるということがない。

◆ディスクの出し入れがしやすい。

 

横置きのメリットは、一にも二にも安定感だと思います。

まずは、本体が倒れる心配がありません。

次に、ディスクを出し入れする際に、ディスクを落とす可能性も、縦置きより低くなると思います。

横置きのデメリット

◆ある程度広い置き場を確保する必要がある。

◆PS4の存在感が薄い。

PS4を横置きにした場合のデメリットは、縦置きにした場合のメリットと真逆になると思います。

PS4を置くためにある程度のスペースを必要とします。

そして、横置きにした場合、BD/DVDレコーダーのように見えてしまい、PS4独自の存在感が薄くなってしまいます。

個人的におすすめな置き方

私が個人的におすすめするPS4の置き方は、横置きです。

PS2を縦置きで使用してきた経験から、この持論に至りました。

縦置きで使用していて、PS2を倒した記憶はありませんが、ディスクを何度か落としたことがあります。

PS2、PS4を縦置きで使用し続けた場合と、横置きで使用し続けた場合の不具合の発生率・故障率について、詳しく分かりません。

しかし、縦置きで使用し続けた私のPS2の場合、購入・使用し始めてから15年経った現在では、横置きでしかディスクを読み込まなくなりました。

おわりに

商品として縦置きスタンドがあり、メーカーからも、「縦置き禁止のアナウンスがない」ので、PS4の縦置き、横置き論争はこれからも続いていくと思います(笑)

このブログを書いているうちに、縦置きのメリットが横置きのデメリットで、縦置きのデメリットが横置きのメリットのような気がしました。

横置きにするスペースがないのなら、縦置きになるでしょうし、小さい子供がいる家庭なら、横置きの方が安心でしょうかね。

自分の生活環境にあった置き方をするのが一番だと思います。

スポンサーリンク