スポンサーリンク

サンライズは関与を完全否定。ルルーシュのコスプレをした候補者の選挙ポスター

アニメのおはなし

東京都知事選が2020年7月5日に行われます(即日開票)

現役の小池百合子都知事が再選を果たすのか、それとも他の候補者が当選するのか、日本の首都である東京都の行政トップを決める大事な選挙となります。

今、その東京都知事選に関係することで、話題になっていることがあります。

それは「人気アニメのキャラクターを連想させる選挙ポスター」です。

後藤輝樹氏の選挙ポスター「…ルルーシュのだよね?」

今、話題になっている選挙ポスターがこちら↓

後藤輝樹氏のTwitterより引用
後藤輝樹氏のTwitterより引用

【後藤輝樹氏のTwitterアカウント】
https://twitter.com/gototeruki

公約や思想は立候補者の自由なので、その点については触れません。

☆彡

この後藤輝樹氏が着ている衣装を見て、アニメ「コードギアス」シリーズに登場するルルーシュ・ヴィ・ブリタニアを連想した人は結構いたのだと思います。

「コードギアス」の公式ホームページより引用。画像中心部にいるのがルルーシュ。

【コードギアスシリーズ公式サイト】
http://www.geass.jp/

「後藤氏がルルーシュのコスプレをしている?」という声に対応する形で、アニメ「コードギアス」シリーズの制作を行っているサンライズが見解を公表しました。

 

サンライズは関与を完全否定

サンライズは以下のような見解を公表しました。

2020年東京都知事選における選挙活動について

2020年東京都知事選において、「コードギアス」シリーズのキャラクター「ルルーシュ」をイメージあるいは強く想起させるコスプレ風衣装によるポスター等を用いた選挙活動を行っている候補者の方がいらっしゃいますが、株式会社サンライズおよび製作委員会、作品関係者とは一切関係がありません。

引用元https://www.sunrise-inc.co.jp/news/releasenews.php?id=127

後藤輝樹氏の名前は出ていませんが、サンライズが関与を完全否定した対象は後藤輝樹氏で間違いないと思います。

実際に後藤氏も、このサンライズのお知らせに対して、
「ごめんなさい。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。」
と、コメント付きリツイートしています。

☆彡

今回の後藤輝樹氏の問題点は「サンライズなどの著作権利者の許可や了承を取らずに、ルルーシュを連想させるようなポスターを東京都知事選という公の場で公表したこと」です。

☆彡

著作権などの権利を保有しているサンライズから公式に否定されたので、あの選挙ポスターに写っているのは、「ルルーシュのコスプレをした東京都知事候補者の後藤輝樹」から「ルルーシュのコスプレをした」の部分が取り除かれます。

二次創作等、同人活動の違法性と著作権者

歌手のDAIGOさんが「ドラゴンクエスト」を連想させる衣装を着た画像があります。

DAIGOさんは、スマートフォン向けゲームアプリ【星のドラゴンクエスト】のCMに出演しています。

こちらは「許可、承諾をもらった」というレベルよりも上で「著作権者が依頼して衣装を着てもらった」という最高の状態で、一般的には「企業案件」と呼ばれています。

 

許可のない二次創作や同人活動は違法行為

著作権者の許可、承諾を得ずに二次創作等(同人活動)をすることは著作権法的には違法です。

しかし、著作権法は親告罪ですので、著作権者自身が訴える意思を表示しないと告訴できないのです。

また、著作権利者が使用を認めている範囲内での二次創作等をするのであれば、個別に許可や承諾を受ける必要はありません。
法律的には違法だけど、著作権者が使用を認めているので、著作権法違反の犯罪が成立しないのです。

 

「暗黙の了承」のもとで二次創作等の同人活動は行われている

二次創作等の同人活動は、法的には違法です。
しかし現状では、著作権者の「暗黙の了承」のおかげで同人活動ができるのです。

著作権者から警告が届いたら、訂正や消去するなどの対応が必要になります。
対応しないで放置した場合は、訴えられることを覚悟してください。

☆彡

当ブログも【ドラゴンクエストⅩ】を中心に、色々なゲームやアニメ、漫画の画像を使用させていただいています。

著作権法や各種利用規約を念頭に置きながらブログを運営しているのですが、著作権者に訴えられたらお終いです。

これからも著作権者や作品内容を尊重したブログ運営を心がけていきたいと思います。